スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/1/7 謹賀新年

あけましておめでとうございます、渡瀬です。
もう七日ではありますが、まだ一月上旬の壁を抜けていないのでかろうじてセーフです。セーフといったらセーフです。年末年始の一週間程度は誤差の範囲だと思いたいです。

……そういえばとうとう除夜の鐘が鳴りませんでしたが……ネットでそんな感じの情報を見かけたときは「まさかそんなアホな」と思ったのですが、実際に近所の寺から聞こえてこなくてビビリました。
あれが聞こえない年の瀬はなんだか寂しいです。

一年に一回、年の「移り変わり」を知らせるために「鐘の音が鳴る」というのはいい風習だと思うのですが……
昔書いていた「空ノ鐘の響く惑星で」でも、一年に一回、聖祭の時期に鐘の音が響くという描写をしていましたが、あれも要するに「年の移り変わりを示す鐘の音」で、そういうけじめの風物詩は趣深いのに勿体ないなあとしみじみ思います。
俳句の季語から「除夜の鐘」が消えてしまうような事態にはならないといいんですが……来年にはぜひ復活して欲しいものです。

さて、昨年はSAOクローバーズ・リグレットの連載+文庫化で終わってしまったのですが、水面下で他のこともやってはいたので、今年こそは何かオリジナルの新作をお送りできると思います。
新年早々自分にプレッシャーをかけているだけなのでまだ曖昧ですが、とりあえずプロット自体は昨年末にOKが通ったので、後は書き上げさえすれば……たぶんMW文庫です。夏頃を目標にしていますが、音沙汰なかったら「やらかしやがった」と察してください。
……いや、さすがに今年こそは本当に……!

そして年末年始はその新作に加えて、二月発売の「電撃文庫マガジンvol.54」・店舗特典のペーパー用掌編を書いていました。
配布店舗等は誤情報を出してしまうと怖いので公式の発表をお待ちいただきたいのですが、タイトルが「与太話・忍妄言」(よたばなし・しのびのもうげん)(仮)という時点でもうだいたいの内容が推測できてしまいそうな気がします。内容的に割とアレなのでこれから没になったら変わります。

この「電撃文庫マガジン.vol54」には、SAOクローバーズ・リグレットの短編も載る予定です。(※本誌でなく付録のほうかも)
何故か手元に53号がないので次号予告等を確認できていないのですが、勘違いでなければたぶん載る……はず? 短編ながらそこそこな分量になっていた気がします。
こちらのタイトルは、「骨休・旅籠夜話」(ほねやすめ・はたごのよばなし)(仮)。
文庫版の後日、ナユタ達一行がVR空間の温泉旅行に行く話です。俗にいう温泉回です。文庫で温泉シーンをいれ損ねた反省をぶつけましたが、もっと他に反省するべきことがあったような気もします。ほら……猫大仏とか?

それでは、今年が皆様にとって良い一年でありますように――
またご報告できることが出来次第、適当に浮上します(ΦωΦ)ノ

プロフィール

渡瀬草一郎

Author:渡瀬草一郎
――――――――
■物書きの渡瀬草一郎といいます。
 メールアドレスは公開していないため、御用の方は、お手数ですがツイッターからDMかリプライ経由でよろしくお願いします。

https://twitter.com/sou1rou

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。